知らないと恥をかく!冠婚葬祭のマナーとは?

慶事や弔事での一般的なマナー

結婚式の装いについて

最近は結婚式や二次会について、事前に新郎新婦がLINEなどで出欠をとった上で招待状が送付されることも多いですが、せっかくのお祝い事です。丁寧な返信が望ましいですね。
受け取ったらなるべく早い段階で出欠の返信をしましょう。
祝福の言葉が添えられているとスマートですよ。
食材のアレルギーがある方は、この時申告しておく必要があります。
また、女性に多いと思いますが現地での着替えを希望する場合は案内状の中に式場の更衣室案内があるかどうかしっかりと確認しておきましょう。場所によっては予約が必要なことも。

返信が済んだら、当日までに最低限必要な準備はご祝儀・ご祝儀袋・適した装いです。
まずご祝儀は、友人同士は3万円程度、親族であれば5万円以上と言われています。
ただし、列席者と新郎新婦がどのような関係性であるかによってもその金額は変動します。不祝儀を連想させる数字の入った額は避けましょう。

さて、ここで用意すべきお札にはマナーがあります。
基本的には『連番である新札』、つまり銀行窓口で引き換えたものがベストです。ですが、平日の銀行窓口で新札に交換するのは…ちょっと難しいですよね。
その場合は『ピン札』を揃えることが望ましいです。ATMから降ろした時、稀に出てくる使用された形跡のないお札であれば、新郎新婦の門出に難が付かないゲン担ぎになるでしょう。

次にご祝儀袋ですが、包む金額と装飾のバランスが重要です。5万円以上を包む場合は立派な袋が望ましいですが、3万円程度の場合で豪華な袋では釣り合いが取れないので注意しましょう。
また、欠席する場合のご祝儀袋は印刷された簡易の物でも失礼に当たりません。
書き方や包み方は付属の説明書を読んでおくと安心ですね。
ご祝儀袋はむき出しのまま持ち歩かず『袱紗(ふくさ)』に包んで袋の端が折れたり、汚れないよう気を付けるのもマナーです。

TOPへ戻る