知らないと恥をかく!冠婚葬祭のマナーとは?

慶事や弔事での一般的なマナー

>

結婚式の装いについて、女性の場合

女性はパーティドレスやパンツスーツでも

女性の場合、ワンピースやツーピースタイプのパーティドレス、パンツスタイルが一般的です。
一番気を付けなければいけないのは、主役は新婦であること。
ウェディングドレスに使われるような白や淡いベージュカラーのものは避けましょう。
黒を選ぶ場合は、デザインに一工夫あるものやアクセサリーなどで華やかさを演出しないと喪服と間違われてしまうので注意が必要です。
また、胸元が大きくあいているようなものや丈の短いスカートは相応しくありません。
パンツの場合はシルエットにエレガントさを。

素材はドレッシーな質感のものを選べば問題ないですが、ニットや綿などはカジュアルな印象を与えてしまいますし、ヘビやワニ革、ヒョウ柄、ファーなど殺生を連想されるものは縁起が悪いと避けるのが無難です。
特にファー素材のものは毛が抜け落ちやすい性質のため、他のゲストの服に付いてしまったり、食事に落ちてしまうなど衛生的な面からも注意が必要です。

靴や小物の選び方

ショールやボレロは空調が効いている室内や、昼夜で寒暖差のある季節やリゾート地での体温調整に役立つので、持っていて損はありません。

靴はパンプスが定番です。チャンキーヒールやブーティはカジュアルなデザインとされているので避けましょう。
細身のヒールで、つま先もかかとも出ないデザインのものがベスト。特にオープントゥは本来素足で履くデザインの靴なんですよ。
素材は光沢のあるエナメルやシルクが見た目にもエレガントです。
こちらもヘビ革やワニ革のものは避けましょう。
ストッキングはナチュラルなものを合わせて。黒のストッキングは不祝儀を連想させてしまい、相応しくありません。
薄手のストッキングは伝線しやすいので、予備の物をバッグに忍ばせておくと安心です。
ただしパーティバッグは容量が少ないので、入れるものは事前に厳選しておきましょう。

また髪型も花嫁よりも目立ってしまうようなアクセサリーなどは控えましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る