知らないと恥をかく!冠婚葬祭のマナーとは?

慶事や弔事での一般的なマナー

>

弔事の装いと参列時の注意事項

参列する時に気を付けること

故人の冥福を祈り、最後の夜を共にすごすという意味合いを持つお通夜。
そして翌日に葬儀と告別式が開かれますが、現在では葬儀と告別式を一体化し、お葬式として行われることも多くなっています。
お葬式は日中に執り行われることもあり、遺族や親族、親しい友人のみで済ませ、仕事関係や友人知人はお通夜にだけ参列するという傾向があるようです。

これらの式に参列する場合、お香典を持参します。
不祝儀用ののし袋の表書きは宗教などによって異なり、仏教は『御香典』、キリスト教は『御花料』、神道は『御玉串料』となりますが、共通した意味合いを持つ『御霊前』と書くのが一般的です。

香典の相場は故人との関係性や葬儀の規模、地域性なども関係してきますが、5,000円~1万円が友人知人・仕事の関係者の相場となります。死や苦に繋がる4や9のつく金額は避け、新札ではないお札を用意しましょう。
香典袋は袱紗に包んで持参します。

男女ともに喪服が基本

参列者は喪服であるブラックフォーマルを着用しますが、急な訃報で喪服の準備をする時間がなかった、という意味合いからお通夜の場合は平服を着用しても問題ありません。
ただ平服と言っても日常的な服装ではなく、男性はダークスーツ、女性はダークスーツか黒のワンピースを着用しましょう。お通夜のみの出席であれば、喪服の方が相応しいとされています。

男性の小物ですが、ネクタイは黒無地で光沢のないものを選びます。これは、スーツがウール製で光沢が強くないことからネクタイとの間に不自然な光沢の差が生まれないようにするためです。
靴下は黒無地のものとなります。

女性の場合、ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーを付ける場合真珠が一般的ですが、連が重なるものや大きく派手なものは避けましょう。
手袋はネイルを隠すことが出来ます。
足元は黒の薄手のストッキングとシンプルな黒のパンプスで。エナメル素材は光沢が強いので控えましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る